ポケモンは運g

いつもレート上位を目指しています。目指すは最終1位。更新頻度はモチベに左右されます

 

【最終2100超】シーズン6最終使用構築【カバリザX】

 

f:id:hiromoti:20141014194450p:plain

いつしか前ホウエンカップの記事で紹介したあれ。

 

f:id:hiromoti:20141109103401j:plain

11月9日の時点ではこの順位。

 

最終では恐らく30番くらいかな?

今まで最終順位100以内をシングルで1度も取ったことが無いので今は放置してサブロムに逃走しています。

この構築は長い間使ってたので飽きました・。・

せっかくなので記事で晒します。

 

PT紹介

f:id:hiromoti:20141004194151g:plainリザードナイト

性格   意地っ張り

特性   固いツメ

個体値      31-31-31-×-31-31

能力値    159(44)-195(220)-131-×-105-151(244)...(LV.50時)(メガシンカ時)

技構成  逆鱗 / フレアドライブ / 竜の舞 / 地震

 

(Aは威嚇込でもメガクチートをフレドラで確定一発

Sを準速サザンドラ抜き程度にし、残りをHに振ることで16n-1)

 

電気等を担当

 

このptの

基本的には竜舞→逆鱗で抜いていった。

ただ相手の選出画面にガブリアスがいた場合は初手逆鱗も。

ドランが重い為地震を搭載。ギルガルドとの択gも回避できる。

ではなくにすることでこのptがキツい電気タイプに極端に強くなるの

 が非常に強かった。

 

 

 f:id:hiromoti:20140813135442g:plain@風船

 

性格   意地っ張り

特性   バトルスイッチ

個体値      31-31-31-×-31-31

能力値    167(252)-217(220)-70-×-70-85(36)...(LV.50時)(ブレード時)

技構成  アイアンヘッド / 影うち / 剣の舞 / 聖なる剣

 

(A+4聖なる剣でポリゴン2を最低乱数以外で突破

A+4シールド時ポリゴン2イカサマを確定耐え

Sをポリゴン2に抜かれない程度までに振った)

 

フェアリーやゲンガー受けループ等を担当

 

安定の強さ。

特殊型ではなく物理型にすることでマリルリナットレイ、場合によってはポリ2に強くなったり、剣舞をガン積みし、無双していくこともたまにあった。

風船は、リザなため地面の一貫性があると感じ投入。

実は風船を持たせたことにより受けループに強くなった。

 ギルガルド剣舞  相手 ラッキーグライオンに交代。

 

この場合風船でなければ後出しグライオン地震で1ターンで倒されてしまう。

しかし風船があることにより1ターン余裕ができるため、アイアンヘッドグライオンを削ってしまえばリザの一貫性を作り無双が可能。

 

また風船のおかげでガブリアス対面で強引に相打ちor勝利することも可能である。

 

 

ロトム水@こだわりスカーフ

性格   臆病

特性   浮遊

個体値      31-×-31-31-31-31

能力値    135(76)-×-130(20)-149(188)-128(4)-147(220)...(LV.50時)

技構成  ハイドロポンプ / 10万ボルト / ボルトチェンジ / トリック

 

(鉢巻ファイアローブレイブバードを確定3。

Cはガブリアスを高い確率で突破。

Sは最速メガギャラドス抜き)

 

 

飛行耐久ポケモン等を担当

 

スカーフを持たせてのアタッカー...というよりはサポートよりであった

基本的に耐久ポケモンに後出しトリック、または交代を読みボルトチェンジのパターンが多かった。

勿論普通のアタッカーとしても使用可能。

ドロポンで初手対面ガブリアスに突っ張ることはできるが

拘りだった場合や、かわされることも考えると勝てる見込みは低い

その為、スカーフをトリックしてカバで受かるようにするor補助技で固定することが多かった

最速メガギャラドス抜きにすることで、竜舞1積みされていても先制で攻撃できる。

なので対面ではほぼ100%勝てると言える。

 

@ラムのみ

性格   控えめ

特性   フェアリースキン

個体値      31-31-31-30-30-31

能力値    191(164)-×-105(156)-168(184)-150-81(4)...(LV.50時)

技構成  ハイパーボイス / めざめるパワー地面 / 瞑想 / 電光石火

 

(HBは意地っ張りハチマキガブリアス地震を確定耐え

陽気ハチマキガブリアスの毒づきを確定耐え

あまりをCに振った)

 

特殊アタッカー全般物理受け担当

 

 ちょっと特殊な感じのニンフィア

チョッキでもないメガネでもない?@。@?

この型はタイマン性能を維持しつつ、受けを強引に突破するニンフィア

勿論ゲンガーフシギバナのような不利なポケモンには負けるが、

鉢巻ガブリアスバシャーモ等、本来負けるポケモンに勝てることができる。

眼鏡でも真似できるが、タスキに弱いという難点が出てくる。

かといってチョッキでは、火力が足りなくポリ2等に簡単に受けられてしまう。

 

そこで瞑想を搭載

チョッキや眼鏡のメリットを活用しつつ、ポリ2等による受けを許さない

いわばチョッキと眼鏡を足して2で割った感じ。

 

ラムを持たせたことにより大体のガッサに勝てるように。

また、毒守ドランに限りますが対面で勝てるように。

 

めざ地を搭載したことにより、瞑想1回積んでしまえば確実にドランに勝てる。

 

 

 @ゴツゴツメット

性格   腕白

特性   砂起こし

個体値     31-  31-  31-×-31-31

能力値   211(220)-132-187(252)-×-92-72(36)

技構成  地震 / 氷のキバ / 欠伸 / 怠ける

 

(HBは メガガルーラの恩返しをほぼ確定3すてみタックルだった場合相打ち

Sは 4振りメガクチート抜き)

 


 ↑ こ(↑)こ(↓)で紹介したのと全く同じ ↑

 

基本的に殆どの物理アタッカーの受けを担当

 

この構築、メガガルーラガブリアスが決して重くないわけではない。

また、電気の一貫性もあったためカバルドンを採用。

ゴツゴツメットの存在により接触攻撃を受けているだけで負担をかけることが可能。

また、欠伸の存在により積みポケにガン積みされる心配がなく

逆にこちらのメガリザードンXやギルガルドの起点を作ることが可能

 

地味にドランにみがまもの起点を作られないのが優秀だった。

 

 @気合のタスキ

性格   陽気

特性   テクニシャン

個体値     31-  31-  31-×-31-31

能力値   135-182(252)-101(4)-×-80-134(252)

技構成  キノコの胞子 / タネマシンガン / 岩石封じ / マッハパンチ

 

(ASぶっぱ、キノガッサ対面を意識して残りB)

 

飛行など、幅広い範囲のポケモンを担当

 

この枠は元々ホルードだった。

しかし、ホルードだとギャラドスマリルリ等の水タイプが重くなってしまったり、

またゲンガーに何も打点がないため好きにされ放題。

そこでタイマン性能が高くタスキを持てそうなポケモンを探した結果、キノガッサにたどり着いた。

彼ならば水タイプに強く、ゲンガーにも打点があるためこの構築にピッタリだと感じた。

 

技の範囲が広い為、タイマンでほぼ確実に一匹狩ることができた。

正直ホルードだったら...という場面もあったが、ホルードであることのメリットよりもキノガッサであることのメリットの方が大きい

 

 

それでは、

シーズン6お疲れ様でした!