ポケモンは運g

いつもレート上位を目指しています。目指すは最終1位。更新頻度はモチベに左右されます

 

【ORAS】竜舞メガボーマンダ育成論(完全版)【最強】

■メガボーマンダ

f:id:hiromoti:20141018174025p:plain

特性 威嚇 → スカイスキン

種族値 95 / 145 / 130 / 120 / 90 / 120 / 合計700

 

種族値はこれと言われています。

ABDSがバランスよく上昇

そして特殊型にもできるC

 

700族であるのにも関わらず無駄のない上昇です。

 

 

■特性による恩恵

有用な特性 スカイスキン

この特性により、フェアリータイプとの立場が逆転。

例としてH252ニンフィアを挙げてみる。

f:id:hiromoti:20141018175034p:plain

 

圧倒的火力。受けきれる者はそうそういないでしょう。

 

フェアリータイプどころではなく、格闘タイプとも立場が逆転。

普通のボーマンダならば攻撃しても耐えられ冷凍パンチがとんできてしまいますが

メガボーマンダならば倒される前に倒せます

 

代表を挙げるならローブシン

 

また、一貫性も高いので捨て身タックル連打してるだけで強かったり?

■上昇したBで先制技に強く

積みエースとしてなんといっても辛いのが先制技。

倒す前に先制技で攻撃されると次の相手の先制技で倒される恐れがある

 

しかし、メガボーマンダは違う。

勿論先制技を受けない特性ではないので受けてしまいますが、

その負担を最小限に抑えたといってもいいでしょう。

 

鉢巻ファイアローブレイブバードのダメージ】

f:id:hiromoti:20141018180745p:plain

 

 固い・固すぎる

鉢巻ファイアローのタイプ一致威力120でこれなので

誰かさんのバレパンや誰かさんの影うちなどは

余裕をもって耐えることが可能というわけです。

 

■準速でもガブリアスを抜けるS

 ←S102族で最高169

 

メガボーマンダは準速で172の素早さとなっています。

これがどのような恩恵をもたらすのかと言えば、

スカーフによる奇襲を防ぐ」こと。

 

カイリューウルガモスなど、S上昇系の積技を持っているポケモン

使ったことのある方ならばわかると思いますが、

せっかくSを上げてもスカーフガブリアスに先制されて倒されてしまう、ということがあったかと思います。

 

しかし、メガボーマンダはSが120もあるため準速でもガブリアスを抜けるように

 

これにより火力を最大限にまで高めつつガブリアスの素早さ以下の相手を竜舞後

確実に上から殴れるようになる。

 

(ゲーフリさんもついにガブリアスの対策を始めた様子)

 

◎メガボーマンダ育成論

f:id:hiromoti:20141018182514p:plainボーマンダナイト

【簡易】

性格   意地っ張り

特性   威嚇 → スカイスキン

個体値        31-   31-  31-  0-  31-  31

努力値        20- 252-    0-  0-    0-236

実数値      173- 216-150-  ×-110-170...(LV.50時)(メガシンカ時)

 

技構成 すてみタックル / 地震 / 逆鱗 / 竜の舞

 

【詳細】

性格...火力を限界まで追求。ガブリアスを抜けてるので意地っ張りでも問題無し。

特性...威嚇:安定。この特性のおかげで物理アタッカー相手にほぼ確実に積める。

個体値...C抜け5V、理想個体。粘りましょう

努力値......アタッカーとして使うのでほぼASぶっぱ。

Aは最大限まで追求、Sはメガシンカ後最速ガブリアス抜き。

あまりをHに振りほんの少しではあるが耐久を上昇。

 

技構成

すてみタックル...スカイスキンの恩恵を受けるメインウェポン。

反動を嫌う人は恩返しでもいいかもしれないが爆発力に欠ける。

逆鱗...こちらもタイプ一致のメインウェポン。

すてみタックルを半減にする電気タイプに。

竜の舞...積み技。抜き性能が大幅に上昇。

運がよければ3タテも可能

地震...こちらは逆鱗、捨て身タックルともに半減にする鋼タイプに。

ギルガルドヒードラン辺りに打てる。

ただし火力不足が目立つのが難点。

↓H252振りギルガルドへの1舞地震

f:id:hiromoti:20141018184408p:plain

 

■主な使い方

基本的に後出しするときは竜の舞はせずに、純粋なアタッカーとして

使用することをお勧め。

なぜならば後出し=攻撃を1回受けることになるため、

竜の舞をするほどの体力が残されていないと思われるから。

 

但し、1/4の技火力があまりない半減への後出しの場合は積むのも普通にあり。

 

 

■メガボーマンダの対策

f:id:hiromoti:20141018185050p:plain

 

最強と言われるほどの強さを持つメガボーマンダですが、しっかり対策もあります。

 

1.物理も特殊も後出しからしっかり

受けきれるポケモン

 

すてみタックル以外の火力はほぼガブリアスと同じであるため

飛行技を半減できる、もしくは素の捨て身タックルを2回以上耐えられることが

できれば物理マンダの対策として成立します。

但し、クレベースカバルドンのように特殊型だった場合崩壊するポケモン

マンダの対策として言えませんね。

 

(せめてガルーラのCのように圧倒的に少なかったら...)

 

2.単純にタイマンで勝てるポケモン

f:id:hiromoti:20141018185914p:plainf:id:hiromoti:20141018190036p:plain

単純にタイマンで勝てるポケモンを入れる。

メガボーマンダからの1積みした状態の全ての技を受けきれることが最低条件。

 

但し、不安定になりがちなのでやはり受けポケモンを入れることを推奨。

 

 

KPベスト3くらいには入りそうな顔してますね。

メガボーマンダが破格の強さを持っているのでしっかり対策をしましょう。

 

 

 

※決してbw2以前のソフトで孵化しないこと。

http://3ds.pokemon-gl.com/information/ac78b42b-6759-441d-8da1-5f3116defe06

教え技はORASで教えてもらいましょう。